読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco

すこしずつ、頑張ろうってことです。

なつが来る

夏が近づいている。

今日学食でひとりご飯を食べていたら、隣の男子2人が恋話をしていた。片方は最近彼女ができて、もう片方は好きな子がいるようであった。若鶏醤油揚げを食べつつ聞き耳を立てていると、「祇園祭」というワードが聞こえてきた。きっと好きな子を誘おうとでもしているのだろう。もう、そういう季節がやってきたんだなぁ、と微笑ましい会話ににまにましながらも、なんだか切なくなった。夏、夏といえばaikoの「夏服」という曲が好き。「もっと緩やかに季節が過ぎていってるのかと思ってた 思った以上に静かにこんなに早く夏が来る」。現時点で夏を確実に幸せに過ごせるであろう保証がないと、夏が来ることもなんだか憂鬱に感じる。夏が来るというより、もう夏が来てしまう。ユカタ、ハナビ、ビアガ等々と仲良くできる夏は来るのだろうか、私に。夏が来たかと思えば今年もまた、思った以上に静かに早く、冬がやってきてしまうのかもしれない。

 

400ji

広告を非表示にする